施工事例 - 事務所

某工場事務所

並行弦トラスを10mスパンに架け渡した構造
屋根は片流れの緩勾配屋根の事務所建築

木構造システム自社社屋

立体トラスとシェル屋根を組み合わせた構造
立体トラスは1辺を1.5m程度とし9.1mのスパンを飛ばす構造としている。
継手は全て当社工法の拡張樹脂アンカー工法とすることで金物を表面に露出させず
従来の立体トラスのイメージを変えるすっきりした納まりとなっている。
立体トラス及びシェル屋根はユニット化することで省力化を実現している。