施工事例 - 道の駅

玖珠道の駅

11mのスパンを杉無垢で飛ばした道の駅屋根は瓦屋根
一部トラスは上り勾配とし方杖を儲け特徴的なトラスとした

小栗郷広場上屋

22m×15mスパンの変形円筒形のシェル屋根構造
シェル屋根構造部材は120角材にて構成される。
また敷地形状に合わせてシェルの平面形状を三角に切った形としている。

蒲江まちの駅

構造形式:トラス及び単純梁
X方向:波形状トラス
Y方向:単純梁
トラスの木材は120角で構成され最大13.6mの間口を飛ばす。
木ならではでの自由な加工を生かしトラスを波形状とし、それに梁を掛けることにより
屋根が波打った意匠となっている。

道の駅くるめ

用途:道の駅 規模:木造平屋/960m² -特徴-
15m×18mの大空間に約11mのトラスを掛け屋根組を構成した構造。
屋根組は各グリットで段差があり変化に富んだ屋根形状となっている。
一部筋交いは格子形状で構成されている。

立花町農産物直売所

10mスパンのトラスを2.5mピッチに掛けた構造
トラスは120角で構成され通常のトラスと比べ細く、優美な構造となっている

鹿北町ゆうかむ温泉交流施設

拡張樹脂樹脂アンカー継手による立体トラス梁
無垢材の梁を樹脂アンカー接合によりトラス組した構造
トラス組にすることにより、大断面木材に比べ軽快な梁組とでき継手金物が表にでない

阿知須町道の駅やさい市場上屋

用途:用途:市場上屋 規模:144m²
-特徴-
10m×10mを4本の柱にて飛ばした105角の単層シェル材
木材は既成品を使うことにより単価を抑えた工事と出来る。
又、本地域は海沿いであり過去のデータより風速60m/sの暴風が発生した記録があり設計強度を
風速60m/s時でも耐えうる様、設計考慮している。